« 木の道具を使う際の掃除やメンテナンスの注意点を教えてください | トップページ | 質の悪い粉ミルクと普通の粉ミルクの違いは何ですか? »

2021年4月28日 (水)

熱が出て全身に寒気がするときの対処法は、以下の6つのことをすることで緩和されます

4

体温が高すぎるため、水分を補給する必要があります。

熱が出ると、体は熱を逃がすために汗をかきますが、高熱が出ると、体は水分を失いすぎて、これ以上水分を失わないように汗腺をシャットダウンしてしまうため、熱を逃がすことができません。 普通の水と、ビタミンやミネラルが豊富な果物や野菜のジュース、特にビートジュースやキャロットジュースをたくさん飲みましょう。 トマトジュースを飲む場合は、低ナトリウムのものを使用してください。 症状が改善されるまで固形物は避けてください發冷發熱頭痛

悪寒を伴う発熱は入浴しても大丈夫です。

最も快適な時間は、温かいお風呂だったりしますよね。 この薬は、熱を下げるのにも役立ちます。 赤ちゃんはぬるま湯で入浴するか、濡れたタオルで包んで15分ごとに着替えさせてください。

ボディラブは、体温が低いときに使うことができます。

エバポレーターも冷えます。 専門家は、肌のオーバーヒートを取り除くために、冷たい水を使うことを勧めています。 このようにして得られた情報をもとにして、私たちは自分たちの生活をより豊かなものにしていきたいと考えています。 スポンジで余分な水分を絞り出した後、一箇所ずつ拭いていき、残りは衣類で覆う。 この水を熱で蒸発させて放熱させる發冷發熱頭痛

熱による全身の悪寒には、温湿布が有効です。

体温がそれほど高くない場合は、温湿布で熱を下げることができます。 熱く湿らせたタオルで患者の額や四肢を何度も拭いて、熱が下がるまで全身に熱を放散させる。

注:体温が39℃を超えた場合は、熱を下げるための温湿布は行わず、それ以上体温が上がらないように冷湿布を行います。

冷湿布は、全身の発熱や悪寒に用いることができます。

高熱に耐えられない場合は、冷湿布をして体温を下げます。 濡らした冷たいタオルを額、手首、足に当て、他の部分は衣服で覆うようにします。 冷湿布が体温になったら交換し、熱が下がるまで繰り返します。 または、布袋に氷を入れて、額に当てます。

発熱と悪寒は、適切な薬で治療できます發冷發熱頭痛

非常に不快に感じる場合は、鎮痛剤を使用することができます。 医師の許可を得てから服用してください。 例えば、アスピリンやアセトアミノフェンなどは問題ありませんが、処方された通りに薬を飲んでください。

 

文章精選:

全身酸痛發冷頭痛發燒

悪寒、めまい、脱力感などの症状はどうしたものか?

頭痛全身冷卻不發燒是怎么回事?

管理者要提高個人魅力,首先要實現這六點

企業管理制度設計的七項原則

« 木の道具を使う際の掃除やメンテナンスの注意点を教えてください | トップページ | 質の悪い粉ミルクと普通の粉ミルクの違いは何ですか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木の道具を使う際の掃除やメンテナンスの注意点を教えてください | トップページ | 質の悪い粉ミルクと普通の粉ミルクの違いは何ですか? »